Windows 10で簡単にFTPとTFTPサーバを使うなら「Serva」がオススメ

Windows10でFTP/TFTPをIIS機能で使うこともできますが面倒です。

そんなときに、超簡単にFTP/TFTPサーバーを使えるソフト「Serva」です。

DELLのネットワークスイッチのファームウェアアップデートをする時にFTP/TFTPが必要になりました。

ふぅたこ

インストールも不要なソフトかつ簡単!
画像でわかりやすく順を追って解説もしていきます!

目次

使用した環境

  • Windows10 Pro 64bit
  • 21H1アップデート済

「Serva」って何ができるの?

FTPを含むたくさんのサーバー機能(下記に記載)を利用できる無料のソフトです。

  1. HTTP server
  2. FTP server
  3. TFTP server
  4. TFTP client
  5. DHCP server
  6. proxyDHCP server 1
  7. BINL server 2
  8. DNS server
  9. SNTP server
  10. SYSLOG server

1- PXE DHCP service that does not require altering your currently in place DHCP infrastructure.
2- Microsoft WAIK/ADK independent RIS and WDS alternative.

個人用に無償のCommunity版(稼働時間などの機能制限あり)、
商用利用が可能な有償のProfessional版があります。

「Serva」を使えるようする

公式サイトよりダウンロード

まずは「Serva」の公式サイトのリンクからダウンロードします。

https://www.vercot.com/~serva/download.html

「Serva」を起動する(インストール不要)

ダウンロードしたファイルを解凍すると、32bit版と64bit版の実行ファイルがあるので、ご自分の環境に合ったファイルを実行します。(ここでは64bit版を実行します。)

起動すると、個人利用かどうかを確認する画面が表示されるので、カウントダウンを待ってから「I’m a “Community” user」をクリック。

「Windows Defenderファイアウォール」を利用している場合、確認画面が表示されるので「アクセスを許可する」をクリックします。

ライセンス認証画面が出るので「OK」をクリック。

ふぅたこ

これで起動は完了!

設定画面に入る

アプリの画面が開いたら、左上のアイコンを「クリック」して「Settings」を選んで設定画面を開きます。

マイクロソフト
¥680 (2021/06/30 18:20時点 | Yahooショッピング調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

「FTP」サーバの設定&動作確認

「Serva Community Settings」画面が表示されたら、「FTP」タブをクリックして、FTPサーバーの設定を行います。

  1. Service Up/Down : 「FTP Server」にチェックを入れる。
  2. FTP Server IP address : 「Bind FTP to this address」にチェックを入れて、FTPサーバーとして待ち受けるIPアドレスを選択する。
  3. FTP Settings : 「Ftp Port」「Local ports pool」そのままにする。
  4. FTP Server user accounts : ユーザアカウントの設定を行う。
    今回は匿名接続を許可するので「Anonymous」にチェックを入れる。
    ※ユーザーアカウントを指定するときは「User」「Password」それぞれにアカウント情報を入力。
  5. FTP Server Anonymous user root directory : 匿名接続した場合のルートディレクトリを指定します。
    今回は匿名接続かつ、スイッチのOSイメージを保存したフォルダを指定。
  6. FTP Server Registered user root directory : 登録したユーザーアカウントでアクセスした場合のルートディレクトリを指定します。

設定が完了したら「OK」をクリックした後、Servaを終了して再度起動すれば、FTPサーバーが起動します。

FTPサーバーにアクセスしてみると、下記のように通信ログが表示されます。

ルートディレクトリが表示されるかも確認したら、下記のようにちゃんと表示されます。

FTPサーバの終了は、Servaを終了すればサーバー機能も停止できます。

「TFTP」サーバの設定&動作確認

「Serva Community Settings」画面が表示されたら、「TFTP」タブをクリックして、TFTPサーバーの設定を行います。

  1. Service Up/Down : 「TFTP Server」にチェックを入れる。
  2. TFTP Server IP address : 「Bind TFTP to this address」にチェックを入れて、FTPサーバーとして待ち受けるIPアドレスを選択する。
  3. TFTP Server root directory : ルートディレクトリを指定します。
    今回はスイッチのOSイメージを保存したフォルダを指定。
  4. TFTP Security : Standardを指定します。
  5. TFTP configuration : そのままにする。
  6. Advanced TFTP Options : そのままにする。

設定が完了したら「OK」をクリックした後、Servaを終了して再度起動すれば、TFTPサーバーが起動します。

TFTPサーバーにアクセスして、試しにファイル転送してみると下記のように通信ログとファイルが表示されます。

TFTPサーバの終了は、Servaを終了すればサーバー機能も停止できます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる