初心者でも簡単!Googleフォームで指定のメールアドレスに通知を送る方法。スクリプトの書き方も解説。

自分や個人への通知なら標準機能でできますけど、グループアドレス宛など指定のメールアドレスに送りたい!

そんな悩みをちょっとひと手間で解決します。

スクリプト Google Apps Script(以下、GAS)を用いた設定方法も後半で説明しています。

ふぅたこ

簡単にできるように説明しますのでご安心ください

目次

Googleフォームの通知を自分宛にメールを送る設定方法

まずは、自分だけに届けばいいよという人向け。

ノンプログラミングの設定方法を説明します。

Googleフォーム上からメール通知を設定する

作成したGoogleフォームの管理画面にある「回答」ページを開き、右にある点が縦に並んだ「・・・」をクリックします。

上部にある「新しい回答についてのメール通知を受け取る」をクリックしてください。
左側にチェックがつけばOKです。

これでメール通知が有効になり、フォームの入力が完了すると、自分のGoogleアカウントにメール通知が届きます。

Googleフォームから届くメールはこんな感じ(詳細見えない)

「概要を表示」をクリックすると、管理画面の回答ページに移動します。

Googleフォームの通知を指定したメールアドレスに送る設定方法

自分以外やグループアドレスなど指定したいという人向け。

プログラミングが必要なので設定方法を説明します。

利用するGoogle Apps Script(以下、GAS)とはGoogleが開発しているプログラミング言語であり、Google Appsの拡張や、連携に活用できます。

ふぅたこ

プログラミング経験のない人でもできるようにしました

スクリプトエディタを開く

作成したGoogleフォームの管理画面の、右上の点が縦に並んだ「・・・」 をクリック。

「<>スクリプト エディタ」を選択すると、コードが入力できる画面に移動します。

スクリプトエディタにコードを書く準備

ページを開いた時点でスクリプトエディタにコードが書いてありますが、すべて消去してください。

スクリプトコードを書く(ほぼコピー&ペースト)

以下のスクリプトをコピー&ペーストしてほとんど作業は終わりです。

function sendform(e){
var items = e.response.getItemResponses();
var msg = "";

// メール送信先 []は利用環境に合わせて置き換えましょう
// BCCが不要ならbcc: '[BCCメールアドレス]',を消しましょう
var admin = '[送信先メールアドレス]';
var options = {from: '[送信元メールアドレス]', bcc: '[BCCメールアドレス]', name: '[送信者名]'};

// 件名、フッター 利用環境に合わせて置き換えましょう
var subject = "[件名]"; 
var footer
= "------------------------------------------------------------\n\n"
+ "【注意事項】\n"
+ "・返信する時は問い合わせ用アドレスから送信しましょう。\n"
+ "・対応方法わからなかったら聞きましょう。\n";

// ボディ処理部分 変更しない
for (var i = 0; i < items.length; i++) {
var item = items[i];
var q = item.getItem().getTitle();
var a = item.getResponse();
msg += q + ': ' + a + '\n\n';
}

// メール送信 変更しない
msg += footer;
GmailApp.sendEmail(admin, subject, msg, options);

}

「プロジェクト保存」のアイコンをクリックし、コードの保存をします。

コード内で修正する部分の説明

  • [送信先メールアドレス]など書いてある部分はメールアドレスなど適宜置き換えてください。
    例)'[送信先メールアドレス]’→’hogehoge@fuutaco.com’
    (※前後のシングルクォーテーションは「テキストです」という意味なので消さないでください。)
  • [送信先メールアドレス]は、送りたい宛先のメールアドレス。
  • [送信元メールアドレス]は、送信者として表示したいメールアドレス
    (※自分のGoogleアカウント。もしくは権限があるGoogleアカウントじゃないとエラーでます。)
  • [BCCメールアドレス]は、BCCで送りたいメールアドレス。
  • [送信者名]は、送信者名として表示したいテキスト。
  • [件名]は、メールの件名として表示したいテキスト。
  • footerより下の+で始まっている部分はフッターに表示したいテキスト。

トリガーの設定

トリガーとは、処理をどのタイミングで自動的に実行するか指定する機能です。

画面左側にある時計マークを選択して、右下にある青い「+トリガーを追加」をクリックしてください。

実行する関数には先ほどコピペで作った「sendform」を選択。

イベントの種類は「フォーム送信時」、エラー通知設定「今すぐ通知を受け取る」の2箇所を変更してください。

画面を下にスクロールして「保存」をクリック。

注意:トリガー保存時にアカウントの確認やエラーが出る場合があります

アカウントを選択して「許可」をクリックしてください。

ポップアップブロックが発生して「許可」が表示されない時があります。
ブラウザからポップアップとリダイレクトを許可してください。

設定完了で通知として届くメールはこんな感じ(詳細が見える)

「Googleフォームの通知を自分宛にメールを送る設定方法」で解説したパターンとは違い、テキストで内容が届きます。

こっちのがいちいちフォーム開かないので使いやすいですね!

フォームも開きたい場合はfooterにリンクのURL入れておけば大丈夫です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる