Windows 11インストール時に最小システム要件を回避する方法

ESXiのテスト環境にWindows 11仮想マシンをインストールしたら、問題が出たのでまとめました。

通常のWindows環境でも同じ対策で回避可能です。

このPCではWindows 11を実行できません」と表示されるのは最小システム要件を満たしていないのが原因です。

Windows 11のシステム要件を満たさない場合に表示される画面

この要件を回避して、TPMがなくても、ストレージが少なくても、Windows 11をインストールできるようにする方法がありました。

Windows 11 の仕様、機能、コンピューターの要件を確認する場合はこちら

Windows 11のインストールメディア(ISO/USBから普通に起動して実行できます。)

目次

システム環境

  • Windows 11 Pro 64bit バージョン 22H2
  • VMware ESXi, 6.7.0

回避インストール手順

  1. ISO/USBからWindows 11のインストールを始める
  2. エディション選択などの画面で、Shiftキーを押しながらF10キーを押すとコマンドプロンプトが開く。
Shift + F10でコマンドプロンプト起動
  1. コマンドプロンプトに「regedit」と入力してレジストリエディタを起動する。
  2. 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup」を開く。
  3. 開いているところで「右クリック」→「新規」→「キー」→「LabConfig」を作る。
新規キーの作成方法
  1. 作成した「LabConfig」の中に新規DWORD「BypassTPMCheck」を作成。
新規DWORD(32ビット)値の作成方法
  1. 作成した「BypassTPMCheck」の値は「1」にする。
    • SecureBoot非対応環境の場合は「BypassSecureBootCheck」を作成して値を「1」
    • メモリのチェックを回避する場合は「BypassRAMCheck」を作成して値を「1」
    • ストレージのチェックを回避する場合は「BypassStorageCheck」を作成して値を「1」
    • CPUのチェックを回避する場合は「BypassCPUCheck」を作成して値を「1」
DWORD(32ビット)作成後の画面
  1. レジストリエディタなどを閉じて、通常通りインストール作業を続ければインストール可能になります。
ふぅたこ

ストレージのチェックを回避したら少ない容量でもインストール可能。

ストレージチェックを回避(BypassStorageCheck)の結果

Windows 11インストール時にインターネットが無くて進めない場合

インターネットが無い、オフライン環境でも下記対応で回避可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次