デメリットなし!SBI証券で投資信託をPontaとTポイントを切り替えて購入

SBI証券ではTポイントもPontaポイントも両方使えます。切り替えて使いましょう!(2021年11月より)

  • TポイントやPontaポイントから好きなポイントが選べる!しかも切り替え簡単!
  • SBI証券での取引でポイントが貯まり、投資信託も買える!

どっちのポイントも投資信託に使ってお得に資産運用していきましょー!

ふぅたこ

メニューが少しわかりにくいので画像を使って説明していきます。

投資したら複利がどうなるのか試算できるように計算シート作ってみましたのでこちらの記事もぜひ!

目次

Pontaポイント連携設定の行い方

  1. まずはSBI証券のページにログインします。
  2. 「口座管理」にマウスを乗せて「お客さま情報 設定・変更」をクリックします。
  1. 「ポイント・外部ID連携」をクリック。
  2. 移動先ページで「ポイントサービス詳細はこちら」のリンクをクリックします。
  1. SBI証券ポイントサービスにある「メインポイント設定」をクリックします。
  1. メインポイント設定のPontaポイントの横の「利用を開始する」ボタンをクリックします。
  1. Ponta会員ID連携になりますので「各種規約などを確認する」を開きます。
  2. 開いて閉じると「チェックボックスがチェック」できます。
  3. SBI証券の取引パスワードを入れて「Ponta Webにログイン」をクリックします。
  1. Ponta Webのページに遷移しますので、PontaのIDとパスワードを入力して「次へ」をクリックします。
  1. SBI証券の画面に戻ってきますので「登録する」ボタンをクリックします。
  1. 「ポイントサービスTOPへ戻る」をクリックするとSBI証券ポイントサービスに戻ります。

これでPontaポイントが使える状態になっています。

後ほどTポイントへの戻し方も紹介します。

Pontaポイントを使って投資信託を購入

お好みの投資信託の購入画面に進んで、購入金額を入力
※今回はPontaポイント数分のみを入力しました。

ポイント利用はすべて利用する。

これで購入完了です。

Ponta Webのポイント履歴を確認してみると、SBI証券 投資信託取引がすぐに記録されていました。

PontaポイントからTポイントへ戻す設定方法

ふぅたこ

上の説明と同じ流れなので途中まで文字のみです。

  1. 「口座管理」にマウスを乗せて「お客さま情報 設定・変更」をクリック。
  2. 「ポイント・外部ID連携」をクリック。
  3. 移動先ページで「ポイントサービス詳細はこちら」のリンクをクリックします。
  4. SBI証券ポイントサービスにある「メインポイント設定」をクリックします。
  1. Tポイントの横の「設定する」をクリックします。

TポイントからPontaポイントに再度戻す方法

「メインポイント設定」から「設定する」ボタンをクリックするだけで瞬時に切り替わります。

最終的にメインポイントに設定されている方にSBI証券のポイント付与がされます。

TポイントとPontaポイントで付与率に違いはありませんので、どちらになっていてもデメリットはないです。

関連記事

楽天証券からSBI証券に乗り換えできる方法をこちらで紹介しています。

今なら移管手数料全額負担してもらえます!

投資についての複利の計算シートも公開しました(単身世帯での試算もしてます)

よくある二人以上世帯や、全年齢の平均ではなく年代別で細かく統計情報を用いて試算していますのでぜひ見てください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる