悪意のあるソフトウェアの削除ツール(KB890830)のWindows Updateでエラー 0x8024001eの対応

WindowsUpdateをした時に、悪意のあるソフトウェアの削除ツール(KB890830)が0%のまま終わらない症状がありましたので解決方法を紹介します。

エラーは「0x8024001e」です。

今回はトラブルシューティングを行ったらあっという間に直りました。

ふぅたこ

図に沿ってやっていけば解決できるので安心!

目次

発生したシステム環境

・Windows 10 Pro 64bit バージョン 21H2
・WSUS環境
・HP Probook 450 G5

解決方法

  1. Windows標準のトラブルシューティングツールを使います。

[スタート] > [設定] > [更新とセキュリティ] > [トラブルシューティング] > [追加のトラブルシューティング ツール] の順に選択します。 次に、[起動して稼働中] の、[Windows Update] > [トラブルシューティング ツールの実行] の順に選択します。

  1. トラブルシューティング ツールの実行で「問題を特定できませんでした」となっても直っていました。
  1. パソコンを再起動します。
  1. Windows Updateの更新の履歴を確認する

その他のWindowsエラー関係対処法

ふぅたこ

他にもWindows Update関係紹介してるので良かったら見てください

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる